好きなことに、正直。

イラストレーター沖野れんのブログ。仕事や創作の話をぼちぼち。

少女漫画家の槇ようこ先生が引退されるというお話…


スポンサードリンク

f:id:okinoren:20190704161315p:plain

少女雑誌「りぼん」の代表作家である槇ようこ先生が漫画家引退を発表されました。

最新号のりぼんに引退に関するメッセージが載っています。

 

引退理由は特に明確には書かれていませんでしたが、

槇ようこ先生は今年でデビュー20周年。

この20年を節目に、引退することに決めたそうです。

 

正直、とても…とても驚きました…!

 

まだまだこれからもりぼんを牽引する作家としてバリバリやっていくのかと思っていたのですが。。

 

槇先生のことはデビュー当時から存じ上げています。

 

なんならデビュー前のスクールに投稿していた時から知っています。

高校生の頃から投稿してて、私と同年代なのにすごいなー…と感心していました。

 

りぼんという雑誌は絵柄の流行りとか読者や作家さんの入れ替わりが特に早い雑誌だなと感じます。

 

そんな中、時代に合わせて絵柄を変えたり、流行りのファッションや小物を取り入れたりして20年もりぼんで人気作家として執筆されていたのは本当にすごいことだと思うのです。

 

今までたくさんの可愛くてときめく作品を届けてくださり、本当にありがとうございました。

 

引退はとても残念ですが、、今後の槇先生の人生に幸多からんことを願っております。

 

20年間お疲れ様でした!

 

 

 

それにしても、漫画家さんがあえて「引退」するっていうのはあまり聞いたことがないですよね。

 

私の知ってる作家さんは、死ぬまで漫画描いてたい!ってタイプばかりです。

 

私も一応漫画を仕事にしてますが、もう辞めよう!引退だ!って思ったことはありません。(精神的ショックで一時的に描けなくなって辞めようとしたことはありますが)

 

今はそうでも、私にもいつか「ここが終わりだな、もうやりきったな」って思う時が来るのでしょうか?

 

それとも、死ぬまで漫画を描き続けているのでしょうか。。

 

正直今の時点では全く分からないですが、

 

私も「もう描ききったな、ここが引退だな」って思えるくらいに、たくさんの漫画を描き続けられたら幸せだろうなあと思います。